あと150日きってる

先日、電車の中でさまぁ~ずの大竹らしき人が向かいに座っているのを見かけました。
「大竹かよ!!フレッシュ!!!」と心の中でつぶやきましたが、その後彼が流暢なハングルで隣の人と会話を始めたので、大竹ではないことが判明。そもそも日本人ですらないことが判明。たぶん在日の方でしょう。

だから何なんだというお話でした。

☆☆☆

2次試験まであと150日を切っているということで、意識も高まるというものですね。…正直なところ、自分は長期的な計画を立ててそれに沿って学習、というのが苦手な人間ですので、一年計画とかは不得手で、半年くらいが丁度よいです。。そんな訳でGW後半から本腰入れて取り掛かっております。

では本番までどのような計画でいくのか?以下、一般的なお話で恐縮ですが。。

合格率約20%という2次試験の性質は今後も大きくはぶれないでしょうから、10月の試験日に「5人中1人」の実力がついていればよいのかなと考えます。
当然、他の受験生の実力とか取り組みについては完全には把握できませんので、結局のところこんなのは自分との戦いでしかあり得ません。
当日試験後、「思うように書けなかった…ショボーン(´・ω・`) でも、俺がこれだけ苦戦したなら他の人はもっと苦戦しているはず!」と、そう思えるだけの自信を付けられるかどうかだと思います。そして、それだけの自信があれば本番に多少の奇問難問トラブルetcがあっても、かなり落ち着いて実力が出せるのではないでしょうか、、とも。

逆に言うと、去年の自分はそういう自信をもって試験に臨んでいなかった。
そういう自信がもてるだけの努力をしていなかった。それだけです。
率直に言って、1次に受かった時点で結構燃え尽きた感があった。。。
(このあたり、独学だったこともあり、モチベーションの維持が下手だったんでしょうねえ・・)

さて、この自信をどうやって身に付けるかですが、それは、
①質と量を意識しつつの、日々の学習
②模試やAAS合宿などでの、その成果の発揮

の2ステップになります。言い換えれば、①自分に克つ ②他人に勝つ(というか、そういう経験をもつ)ということです。この両方が満たされていないと本番での絶対的な自信はあり得ないなー、と思います。

要するに精神論かよ!!フレッシュ!!!というツッコミが入りそうですが、長くなってきたので、具体的な取組み項目(上記の①です)についてはまた次回に改めたいと思います。

しかしまあ、今日は天気悪いですねえ。
[PR]

by kyoheiski | 2007-05-25 13:54 | 中小企業診断士  

<< ミスドといえばエンゼルクリーム 復帰 ~色々とリニューアル~ >>