模試を受けていない男のブルース

気分一新、写真を変えてみました。
目に線を入れさえすればまあ自分の写真でもよいだろう、という安直な発想です、ハイ。
ちなみに撮影地は偕楽園@水戸。

☆☆☆

今、502教室は模試結果の公開オンパレードですね。
MMCを始め、LEC、それに、えーと、DAI-Xの方も。。。。。
受けられた皆様、お疲れさまでした。私、何も受けてないので、同じ土俵に
あがれないのが非常に残念です。l

MMCを受けていらっしゃる方が比較的多いので、その結果を興味深く
見させて頂いておりますが、皆様のブログを拝見していて思うことは一つ、
「これは、競っているなあ、団子状態だなあ」と。

私、解説冊子とか成績表とかもってませんのであくまで憶測で書いてますが、
これ、相当、同じ得点圏内に多くの人が固まっていそうですね。

思えば、去年の2次本試験も同じ得点圏内に相当多くの人が固まっていましたよね。
(真実は診断協会のみぞ知る、ですが・・・)

そんな状況で、やはり本当に大事になってくるスキルというのは、

「設問に正面から答えること(≒題意の把握&それを出題者にアピールできる文章構成力)」

に尽きるんだろうなあと考えております。
4事例(設問数ならおよそ20問?)もあれば上記を身体化できている人と
そうでない人には結構な差がつくはずです。

単純に考えたら、一つの設問で2点差がついたら20の設問では40点の差ですもんね。
でかいわー。


なんて考えながら、今日も私は、AASの課題など解いていました。

今後は私も都合のつく限り模試への参戦をしていきたいですが、
まずはそのための基礎力をつけないと…と思っております。
今のままでは団子状態の中にも入れないのでは、なんて、結構まじで思ってます…

頑張ろう。
キョウヘイスキーの真の戦いは、これからだ!(打ち切り漫画風に)
[PR]

by kyoheiski | 2007-06-08 01:49 | 中小企業診断士  

<< 入浴のススメ 遅ればせながら過去問へ >>