カテゴリ:中小企業診断士( 65 )

 

フェブラリィ

2月ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

私はというと、診断士学習に関してはここしばらく、朝の仕事前の時間にAASHPのMECE過去問題を解いたりして、基礎力UPを図っています。実力がついているという実感はまだ得られませんが、充実感だけはあります。

一方、転職活動に関してはギアを上げ始めています。
情報収集のみの段階はそろそろ終わり、実際に会社訪問など開始しています。

診断士の学習、転職活動、そして将来やりたいこと・・・
全てが少しずつ重なり始めているような、そんないい感触を得始めています(単なる思い込みの可能性ありですが)。

どうでもいいですが、明後日(2月3日)は全力で豆投げましょう。
しっかり振りかぶって、体を大きくつかって、腕のしなりを利用して。
(注:実際にそんなことをすると鬼役の人が相当痛がります)
[PR]

by kyoheiski | 2007-02-01 20:24 | 中小企業診断士  

診年会

20日から21日未明にかけて診年会が開催されました。
ご参加の皆様、本当にお疲れさまでした。
幹事役をメインで務めてくださったtakeoさん、有難うございました。
非常に有意義な時間を過ごさせて頂き、感謝感激であります。

私は1次会から4次会(でしょうか?ラーメン含む)まで全て参加させて頂きました。
全て終わったあとは達成感、充実感、それに心地良い疲れで意識が朦朧としておりました。

重ね重ね、皆様に本当に感謝しております。
有難うございました!


以下、個人的に印象に残ったことをキーワードとして挙げておきますので、
思い出の断片として皆様ご活用(?)ください。
(下記以外にも沢山、沢山、ございますが、とりあえずぱっと思いついたもののみ、です)

QOL
鍋の汁は残さなければならない
エレベーターに総帥
ジントニック7杯
ラーメンにおける高チャーシュー率

カラオケであんなことこんなこと(割愛)



多くの方は明日からまたお仕事ですね。私もです。
しっかり寝てまた頑張りましょう。それでは、お会いできた全ての方にリスペクトを捧げつつ。
[PR]

by kyoheiski | 2007-01-21 23:37 | 中小企業診断士  

初投稿

AASの『チャレンジ春秋』というのに初投稿。
勢いあまって早く投稿し過ぎてしまった、そんな思いでいっぱいです。
トップバッターじゃん。と、投稿後に気付いた。

しかしまあ、書いてることも他の方々となんか方向性違うし、うーん、戸惑いますねえ・・。

(『チャレンジ春秋』という企画については個人的にとても思うところがあります、が、そこは割愛。)


明日からまたお仕事だ。不定休こそ店舗勤務の真の辛さであるなあ。
[PR]

by kyoheiski | 2007-01-16 23:56 | 中小企業診断士  

力の配分、ペースの配分

数日ぶりの投稿になってしまいました。

最近は、AASHPクラスから「MECE」の過去問題をダウンロードしてちょこちょこ解いたりしています。「1次と2次を橋渡しする教材」とのことで、なかなか面白いです。学習後の充実感がありますね。やっぱり勉強は楽しいのが一番。好きこそものの何とやら。


一方、転職活動は、、まだあんまりです。

なんだか、自分の仕事観とか、根本的な部分で定まってないことに気付いて、
思考の迷路に入ってしまっている感じです。
誰に対して、何を提供したいのか?どういうことに「やりがい」を覚えるのか?
余りに根本的な問いですが、だからこそしっかり考えないと。もうしばらく自分を見つめる作業が続きそうです。


そんなこんなな状態なので、診断士の勉強と転職活動、その他への力の配分がなかなか定まりません。それに受験に向けてのペース配分なんかもありますので、しばらくは試行錯誤ですね。

皆様頑張りましょう。
[PR]

by kyoheiski | 2007-01-10 22:50 | 中小企業診断士  

地に、足を

こんばんは。仕事が始まり、忙しくなってきました。
仕事のあとのプレミアムモルツが美味しい、そんな季節ですね。そうでもないか。

最近、いわゆる「業界研究本」を読み始めています。
これは、転職活動のためというのがメインの理由ですが、その他にも「社会人としての知見を広げる」という目的も大きいです。自分の受けない業界の研究本もこれから読んでいく予定です。

正直なところ、私はまだ社会人経験も浅いので、他業界に関する知識が少ないです。
例えば18年2次試験の事例1。「(専門)商社」がテーマでしたが、私は(恥ずかしくも)商社のビジネスについて全くもって詳しくない。漠然としたイメージしかもっていない。
したがって、与件企業に対するイメージが十分に湧かない。
その結果、文字で与えられたものに対して機械的に文字で思考し、文字でアウトプットする。その一連のプロセスの中にいまいち現実感が湧かない。(まるで方程式でも解くかのような現実感の無さ、とでも言えば伝わるでしょうか)※

勿論、偏った知識や先入観をもって与件に当たることは試験対策上マイナスになると思われます。しかしながら、やはり、あらゆる業界に対して最低限以上の知識をもっておきたい、最低限以上のイメージをもっておきたい。それが、診断士以前に、豊かな社会人生活を送るために必要なのでは、と考えます。

また、抽象的な表現で恐縮ですが、そうすることで「地に足のついた答案」が作れるのかな、と考えています。(この場合、表面上、今までの答案から進歩がなくても特に問題としません。)

つまり、転職活動と診断士の学習にいわゆる「相乗効果」を期待しています、と、そんなお話でした。なんだか唐突に〆てみる。

※まあ、そこまで、機械的に解いているわけでもないのですが、やはり知らない業界の問題には磐石の自信がもてません、想像でモノ書いてます、とそういうことです。
[PR]

by kyoheiski | 2007-01-05 23:10 | 中小企業診断士